プロフィール

安光伸江(Nobue YASUMITSU)   山口県下関市生まれ・在住。山口県立下関西高等学校ならびに東京大学文学部卒業、東京藝術大学音楽学部楽理科を3年で中退し、同大学院ソルフェージュ科ピアノ専攻修士課程修了。 ピアノを下田直子、角野裕、伴奏法をアンリエット・ピュイグ=ロジェ、東大オケ時代に打楽器を小林美隆、野口力に師事。

東大在学時はピアノの置けない下宿に4年間住み、藝大の副科ピアノで基礎をやり直す。大学院の副専攻がピアノで、修了後は東京で器楽・声楽の伴奏ピアニスト、東大オケ・読響などでのオーケストラのピアノパート、音大非常勤講師(ソルフェージュとキーボードハーモニー)などの音楽活動をしていたが、2008年9月、病気のため大学での勤務ををやめ実家に戻る。

語学学習サイト「クラウドで多国語学習」、ブログ 「くものまど。」 を運営、Web 天狼院書店で「素人投資家いちねんせい」を週刊連載するなど、語学学習支援や執筆業もする。

日本ソルフェージュ研究協議会正会員、日本独文学会ドイツ語教育部会準会員、天狼院書店 READING LIFE 編集部公認ライター。

2016年9月に乳がん全摘手術をし、抗がん剤などを経験した乳がんサバイバーでもある。

2021年より音楽活動を再開。